春から麻を

2020/03/24

連日、コートなしでは、震える寒さです。風も強く、厄介です。職業柄、私は基本的に、この時期に冬物は着ませんが、今日は分厚いツイードのスリーピースを着たいと強く思いました。

しかし、諸行無常なのが世の常です。冬の次は春がきて、夏がくるのです。

春夏とくれば、代表的な素材に麻がります。今回は、春~夏に着たいシャツ生地ご紹介いたします。ロイヤルカリビアンコットンのコットンリネンです。

Royal Carribean Ctton Linnen&Cotton ¥18,000~
Royal Carribean Ctton Linnen&Cotton  ¥18,000~

経糸、横糸共に、比較的細い120番手の糸を2本撚って、細かい繊維をガス焼きし、ツルツルの糸にしています。着用した際に、肌に触れるシルキータッチな感覚がたまりません。また、横糸に80番手の麻の単糸を織り込んでいるので、麻独特の涼しげな風合いとライトなカジュアル感を楽しめます。 麻100%に比べますと、シワになりづらく、スーツにも好相性ですよ!

店頭にサンプルも多数ご用意しております。是非、ご来店ください。待ちしております。

吉澤